早大学院コース 志望校別特訓

早大学院コースの日程、早稲田大学高等学院中の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの早大学院コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。

早大学院コースの時間割

ジーニアスの早大学院コースは全8日間。A日程では算数の最初の演習を、B日程では理科の最初の演習を解き終えた上で、Zoom授業に参加となります。昼食休憩は12:30~13:15を予定しております。

日程 授業時間
A日程
5/17・5/31・6/21・7/5
算数・国語
10:30~18:20
B日程
5/24・6/14・6/28・7/19
理科・社会
10:30~13:30

早稲田大学高等学院中の入試問題傾向

算数の問題傾向

大問は合計4問である。100点満点で試験時間は50分。小問が18問程度。考え方を記載する問題も2問ほど出題されているが、合否に影響を及ぼすほどではないので、特別な対策は不要。
大問1は過去ほとんどの年度で、計算+図形の問題で構成されている。計算は2問程度。単純な計算ではなく、工夫を必要とするものが多い。図形問題はポイントに気付けなければ、解くことは難しいと思われるが、大問1は10分以内に完答することが望ましい。
大問2以降は難度の高い大問が続き、問題文も年々、長文化傾向にある。
頻出単元は、規則性、速さ、平面図形、立体図形。規則性の問題は平面図形との組み合わせが多い。
目新しい設定の問題が多く、受験生に試験場で思考する力を試していると思われる。ただ、小問に分かれているので、まずは問題をよく読み、読み間違いをせずに解くことが大切である。小問3~4問程度に分かれているので、前半はまずは手を動かし、確実に正解したい。試験時間内に終わらないであろう難しい問題も出題されており、そのような問題を解くべきか、飛ばすべきか、取捨選択ができる力も必要。

国語の問題傾向

大問2つで50分100点満点。例年の傾向としては大問1が説明的文章、大問2が文学的文章になっているが、随筆文が2題出された年もあった。
文章量は大問2つあわせて約8000字程度。出題形式は書き抜き、空欄補充、記号選択、記述とバランスよく出題される。ただし、記述は1、2題であることがほとんど。
説明的文章では「哲学」「言語」「生物」「倫理」「論理」等、様々なジャンルからの出題が見られる。
自分にとって読み辛いと感じるジャンルの話から出題される可能性をふまえれば、「言い換え」「対比」等といった普遍的な文章の読み方を身に付けておくことは重要だろう。
読みにくい文章が出て来てもある程度は文章の内容は把握できるようにしたい。
文学的文章では登場人物の心情に関連する設問が大半。
記号選択、書き抜きといった様々な形式でそれを問うてくるので、各設問のアプローチも体得しておくことが大切になってくる。
漢字等の知識は各文章題のなかで問われている。「追及・追求・追究」等の出題からもわかるように、文脈に沿う意味を考え、漢字を確定させていく必要がある。
また、なかには「借財」「金科玉条」といった馴染みのなさそうなものを書かせるものもあるので普段の漢字学習だけでは満足しないようにしたい。

早大学院コースの受講資格

G公開模試の四科の合計点で受講資格を認定いたします。外部生は下記記載の模試(合不合判定テスト、サピックスオープンなど)において基準となる四科偏差値を満たした経験があれば、受講資格を認定いたします。

模試 基準点 / 基準偏差値
ジーニアス
G公開模試
280
四谷大塚
合判・組分けテスト
55
日能研
全国公開模試
55
サピックス
SO・マンスリーテスト
50

※2019年9月以降の模試を対象とします。

PAGE TOP