早稲田コース 志望校別特訓

早稲田コースの日程、早稲田中の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの早稲田コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。

早稲田コースの時間割

ジーニアスの早稲田コースは全8日間。A日程では国語の最初の演習を、B日程では社会の最初の演習を解き終えた上で、Zoom授業に参加となります。昼食休憩は12:30~13:15を予定しております。

日程 授業時間
A日程
5/17・5/31・6/21・7/5
国語・算数
10:30~18:20
B日程
5/24・6/14・6/28・7/19
社会・理科
10:30~13:30

早稲田中の入試問題傾向

算数の問題傾向

大問5題,小問15問程度。60点満点で予想配点は大問各12点(小問1つ4点)
合格者平均点が低い回(2018年第1回)で23.0点,高い回(2020年第1回)で45.1点と差が大きい。正答率が低いであろう難問を避ける判断力が必要。
計算問題なし。式・考え方要求せず。2016年以降は第1回に作図が1問あるが,特別な対策が必要なものではない。
[1]小問集合(文章題3問),[2]小問集合(平面図形・立体図形3問)の難易度は標準〜やや難しい程度。平面図形は補助線が必要なものが多い。
[3]〜[5]は小問3問または4問から構成される大問。速さ,場合の数,割合等様々な分野から出題されているが,そのうちの1問は平面図形または立体図形。目新しい問題や発想力が必要な問題はほぼない。⑴⑵はそれほど難しくなく,標準的な問題,難度の高いものでも典型的な問題が解けるよう経験を積めば十分対応できる。
算数が苦手で,他教科でカバーできる(他教科で合格者平均点を取れる)受験生は,[1][2]で4問,[3][4][5]の⑴をそれぞれ取れば28点。残りから1〜2問とれれば合格圏内。
算数が得意な受験生は,[1][2]で5問,[3][4][5]をそれぞれ2問ずつの44点以上が目標。

国語の問題傾向

試験時間50分、60点満点。
問題は大問1、大問2の2題構成。
大問1つごとに小問は7問前後。
50字前後の記述が全体を通して1問~2問。
記述以外は文章を読み、内容を理解しているかを問われる選択問題が多い。また年度によっては選択ではなく、抜き出しを多く出される年がある。
どちらも傍線部・空欄のまわりや傍線部・空欄から離れたところにある似た言葉や似た内容を探し、そこから読み取り答えるといったもの。
また語句の本文中での意味を問われる知識問題も1~2問出るが、まわりを読めば知らなくても解けるものもある。それだけでは1つに絞れない場合もあるので、語彙はしっかりと勉強しておきたい。
問題を解く際に条件に気を付ける習慣をつけるべきである。選択問題では適当なもの、不適当なものといった条件が指定される場合がある。同様に記述問題も指定の語句を用いて説明せよといった条件も出ることがあるので、読み飛ばさず解かなければイージーミスが出るので注意。
60点満点ということもあり、しっかりと取れるところで取れないと厳しくなるので、まずは普段からあしあとを残しながら根拠を持って答える習慣をつけてほしい。

早稲田コースの受講資格

G公開模試の四科の合計点で受講資格を認定いたします。外部生は下記記載の模試(合不合判定テスト、サピックスオープンなど)において基準となる四科偏差値を満たした経験があれば、受講資格を認定いたします。

模試 基準点 / 基準偏差値
ジーニアス
G公開模試
320
四谷大塚
合判・組分けテスト
60
日能研
全国公開模試
60
サピックス
SO・マンスリーテスト
55

※2019年9月以降の模試を対象とします。

PAGE TOP