桜蔭コース 志望校別特訓

桜蔭コースの日程、桜蔭中の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの桜蔭コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。

桜蔭コースの時間割

ジーニアスの桜蔭コースは全8日間。A日程では算数の最初の演習を、B日程では社会の最初の演習を解き終えた上で、Zoom授業に参加となります。昼食休憩は12:30~13:15を予定しております。

日程 授業時間
A日程
5/17・5/31・6/21・7/5
算数・国語
10:30~18:20
B日程
5/24・6/14・6/28・7/19
社会・理科
9:30~12:30

桜蔭中の入試問題傾向

算数の問題傾向

大問は4~5つ。2018年入試以降は、大問4つの構成が続いている。解答用紙に式を記入させる問題が多く、解く過程も見られる。問題用紙2枚、解答用紙1枚でいずれもB4サイズ。
大問1は、計算問題と小問などが4~6題並ぶ。2017年入試までは計算が2題出題されることが続いていたが、近年は1題のみ。小数・分数を含むやや複雑な四則計算で、□を使った還元算の形になることも。計算問題は工夫することより素早く速く正確に作業できることが必要。大問1にある計算問題以外の小問も決して楽な問題ではない。
大問2以降は、大問1つにつき、それぞれ⑴⑵⑶と分かれていることが多く、さらに細かく小問が設定されることもある。⑴と⑵で問題が独立していることもある。問題文が比較的長く、文章を読むのが遅いと解き終わらないだろう。
出題分野は比較的はっきりとしており、頻出単元として、「速さ」「立体図形」「不定方程式」「水量変化」「数の性質」「規則性」「場合の数」が挙げられる。
1つ1つの問題はそれほど難しいわけではないが、書き出して調べたり、細かく場合分けしたりと手数を要求される問題が多く、時間は不足しがち。問題用紙の余白があまり広くないので、最初から式を解答用紙に書き、必要な計算のみを問題用紙の余白で行うのがよい。

国語の問題傾向

文章の総字数は6500字から10000字程度(四百字詰め原稿用紙十六~二十五枚程度)で、説明的文章、文学的文章の二題構成。
桜蔭中の記述問題は、字数制限がないものがほとんどだが、文学的文章の最後の問題だけはだいたい二百字から二百五十字程度の字数制限がある。

文章の傾向について
説明的文章は、絵画、連歌などの文芸論や言語や読書に関する題材が多かったが、最近では情報社会、科学と自然、哲学など抽象的で小学生には難解なテーマがより出題されるようになった。また詩に関しての評論も過去に出題されている。
文学的文章は友人関係や家族関係を通して、少年や少女が精神的に成長していく姿を描いたものが多いが、扱われる素材は童話や思春期もの、大人の女性の心理など幅広く、生き方や死、感性、個性などの哲学的なテーマを扱った文章がほとんどであるため、「意味がよく分からず解けない」という状況に陥りやすい。
文章の難度は、平成27年度以外は比較的読みやすい素材が多い。

設問の傾向について
漢字の書き取り問題や熟語づくり、慣用句など知識問題は必ず出題され、語句を入れる問題が一題程度出題される。
説明的文章では短めの文章を二題用意し、それらの文章をつなげて答えさせる記述問題が出題される場合もある。
設問は傍線部の意味を説明する問題と要旨説明の問題が中心。
それに対し、文学的文章は、傍線部の意味や心情を説明する問題と心情の変化や主題を問う問題がほとんど。
説明的文章の最後に主に出題される要旨説明の問題は直接的に「筆者の言いたいこと」を問うものではなく、対比の問題と同様、工夫を凝らした問題になっている。対比を意識して解答を作成することが前提となる。要旨については社会通念や概念、常識を土台にしたものが出題されるので、このことを踏まえたうえで、必ず設問の意図に沿って解答を作成することが求められる。
一方、文学的文章の最後に出題される主題説明の問題も同様である。主題に関しては、上記で述べたように少年や少女の精神的に成長に関係するものが多いが、特に「名前を付ける意味」、言葉で表現することの意味、生きる意味、存在意義などの哲学的なテーマに関係するものが多い。
以上のことから桜蔭の問題を解くときには、必ず設問の意図を踏まえた解答作成と哲学的な知識や概念を意識した学習が求められる。合格ラインはおおむね7割前後だが、最低でも6割以上は得点しないと厳しい。(平成23年度など、難度によって多少変わる可能性はある。)

桜蔭コースの受講資格

G公開模試の四科の合計点で受講資格を認定いたします。外部生は下記記載の模試(合不合判定テスト、サピックスオープンなど)において基準となる四科偏差値を満たした経験があれば、受講資格を認定いたします。

模試 基準点 / 基準偏差値
ジーニアス
G公開模試
330
四谷大塚
合判・組分けテスト
60
日能研
全国公開模試
60
サピックス
SO・マンスリーテスト
55

※2019年9月以降の模試を対象とします。

PAGE TOP