頌栄コース 志望校別特訓

頌栄コースの日程、頌栄女子学院中の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの頌栄コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。

頌栄コースの時間割

ジーニアスの頌栄コースは全8日間。A日程では理科の最初の演習を、B日程では国語の最初の演習を解き終えた上で、Zoom授業に参加となります。昼食休憩は12:30~13:15を予定しております。

日程 授業時間
A日程
5/17・5/31・6/21・7/5
理科・社会
14:20~17:20
B日程
5/24・6/14・6/28・7/19
国語・算数
9:30~17:20

頌栄女子学院中の入試問題傾向

算数の問題傾向

40分。100点満点。大問は5つ。大問1は計算を含んだ小問集合。7~10問程度。大問2以降は単元別のテーマ問題となっており、考え方を問われることがある。配点は答えのみは5点程度、途中式や考え方を含めると7~10点程度になると考察される。問題によって難易度が異なるため、大問1の中に難問が登場したり、大問2以降に解きやすい問題があったりする場合もあるので、開始時に全体を見た上で解きやすそうな問題から解いていくことが重要。合格者平均は40点~60点程度であるため、6割を目指して取れそうな問題を選択し、確実に取っていく訓練が必要となる。頻出単元は「食塩水」「場合の数」「推理・論理・条件」「数の性質」「図形」「速さ」「ニュートン算」である。特に「推理・論理・条件」は、毎年1題は大問として出題されるため、対策が必要。図形は切断・移動・回転が頻出。主に面積を求めることが多いが、作図の問題もあり、その際、定規やコンパスは使えないため、フリーハンドによる作図が必要となる。ニュートン算については徐々に出題率が上がっている。基本レベルから一歩踏み込んだ応用レベルであるが、解法を理解していれば決して解けないレベルではない。

国語の問題傾向

試験時間は40分、100点満点。
大問は二題構成が多い。漢字・知識が独立した問題になることもあるが、文章読解問題の中に組み込まれていることが多い。漢字の書き取りだけでなく、慣用句やことわざなどの空欄補充も漢字で書かせる問題が出題されるため、知識も漢字で書けるようにしておく必要がある。語句の意味を問う問題が頻出事項となっているので、わからない言葉は調べる習慣をつけておくとよい。
第一回は大問一が説明文、大問二が物語文という出題構成が多い(第二回は近年、物語文のみの出題となっている)。可能な限り多面的に受験生の国語力を試したいという観点からできるだけタイプの異なる文章から出題がされているのだろう。出題される文章は難度が高いものが多い。また、それぞれの文章は長めなので、読むスピードも大切になってくる。細部を読み取ることよりも文章のおおまかな構造を捉えることに主眼を置いて問題演習を行っていく必要がある。
設問数も多く、それぞれの文章で十問前後ある。設問の形式は、空欄補充、記号選択、ぬき出し、記述問題とさまざまな種類が見られる。時間不足にならないように時間配分も大切になってくる。記述問題は、30字程度の短めのものや、60~80字の長めのものもある。最近は「内容と表現の両面から評価を行う」という自由作文が出題されている。

頌栄コースの受講資格

G公開模試の四科の合計点で受講資格を認定いたします。外部生は下記記載の模試(合不合判定テスト、サピックスオープンなど)において基準となる四科偏差値を満たした経験があれば、受講資格を認定いたします。

模試 基準点 / 基準偏差値
ジーニアス
G公開模試
250
四谷大塚
合判・組分けテスト
50
日能研
全国公開模試
50
サピックス
SO・マンスリーテスト
45

※2019年9月以降の模試を対象とします。

PAGE TOP