渋谷教育学園渋谷コース 志望校別特訓

渋谷教育学園渋谷コースの日程、渋谷教育学園渋谷中の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの渋谷教育学園渋谷コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。

渋谷教育学園渋谷コースの時間割

ジーニアスの渋谷教育学園渋谷コースは全8日間。A日程では社会の最初の演習を、B日程では国語の最初の演習を解き終えた上で、Zoom授業に参加となります。昼食休憩は12:30~13:15を予定しております。

日程 授業時間
A日程
5/17・5/31・6/21・7/5
社会・理科
14:20~17:20
B日程
5/24・6/14・6/28・7/19
国語・算数
9:30~17:20

渋谷教育学園渋谷中の入試問題傾向

算数の問題傾向

大問1が小問集合、大問2~大問4は大問と問題数は少なく、全15問程度で100点満点。平易な問題は少なく、問題数の割りに時間的な余裕はない。
大問1は小問5つで⑴のみ計算問題。典型的な問題が多いが、計算が煩雑であったり、設定がやや難解であったりする。大問1の6題はそれぞれ2分程度で正解できるだけのスピードが欲しい。「知って」いれば一瞬で正解できる問題が出題される一方「知って」いる問題を変化させた問題が出題されるので、幅広い問題で深い理解が備わっていることが要求される。迷って時間をかけて間違えるくらいなら飛ばした方がよいこともあり、その取捨選択能力を磨きたい。
大問2以降の大問は問題文が非常に長いことがあるのが特徴。⑴や⑵で問われている内容は、設問を理解できればあまり難しくないことが多いが、そのハードルは高い。問題文の条件を整理する能力や、取り組むべき問題を取捨選択する姿勢が必要となる。
大問1を10分~15分で1問間違え以内に抑え、大問2~大問4をそれぞれ⑵まで解答できれば、合格ラインが見えてくる。式、考え方をかくことのできる大問4は積極的に取りに行きたい。

国語の問題傾向

物語文と論説文1題ずつ。漢字の読み書きが6~9問、選択・語彙・抜き出し問題が8~11問、記述問題が3,4問というのが大まかな構成。記述は、40字程度から70字程度まで幅広く出題され、合計200字弱書くことが必要とされる年度もあるが、近年は合計150字超で安定しており、今後もこの傾向が続くと思われる。しかし年度によって問題のカラーに少しずつ違いがあり、特に近年は実験的な形式の問題が出題されやすいため、傾向を特定することは非常に難しい。100点満点で、漢字が各2点、選択・語彙問題が各5点前後、記述問題が各10~12点であると考えられる。設問・本文ともにやや難易度が高く、平均点が5~6割であることから考えると、国語が得意でも5割以上を目安としておくのが無難と言える。記述はもちろんのこと、選択問題も選択肢一つ一つが長く考えさせるタイプの問題であり、配点も重い。一方で、漢字の読み書きの難易度はそこまで高くない。
物語文については、ある登場人物が物語全体においてどのような立場か、表現上の特色は何か、など、部分ごとの心情や理由だけでなく本文全体の理解が問われることが多く、簡単ではない。近年はその上でさらに解釈の正誤について問う問題が出題され始めている。
論説文は、「ジェンダー」「アイデンティティ」「国際社会における日本の立ち位置」など、現代社会の抱える諸問題(いわゆる時事ネタ)に即した主題設定の文章が多く、また語彙のレベルが非常に高い。理由や説明を問うなど、問題設定自体はスタンダード。具体例の役割や、本文の内容にふさわしい具体例の選択など、具体例と主意の区別・対応を問う問題が特徴的である。
全体として、穴埋め問題が毎年のように出題される。文脈が分からないと解けないものが多く、慣用句や難しい語彙を暗記しているだけでは難しいため、語彙力と読解・要約力の双方が問われる。記述問題は、問題文に細かい指示があることが多く、丁寧な文章構成が求められる。
漢字を確実に正解するのはもちろんのこと、選択問題の難易度が高いことから、記述問題が1問でも空白だと5割を超えることは難しい。分からない選択問題は無難にこなし、記述の時間を確保するのがベターである。語彙力や背景知識の強化も、論説文対策としては必須。

渋谷教育学園渋谷コースの受講資格

G公開模試の四科の合計点で受講資格を認定いたします。外部生は下記記載の模試(合不合判定テスト、サピックスオープンなど)において基準となる四科偏差値を満たした経験があれば、受講資格を認定いたします。

模試 基準点 / 基準偏差値
ジーニアス
G公開模試
320
四谷大塚
合判・組分けテスト
60
日能研
全国公開模試
60
サピックス
SO・マンスリーテスト
55

※2019年9月以降の模試を対象とします。

PAGE TOP