鷗友学園コース 志望校別特訓

鷗友学園コースの日程、鴎友学園女子中の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの鷗友学園コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。

鷗友学園コースの時間割

ジーニアスの鷗友学園コースは全8日間。A日程では社会の最初の演習を、B日程では国語の最初の演習を解き終えた上で、Zoom授業に参加となります。昼食休憩は12:30~13:15を予定しております。

日程 授業時間
A日程
5/17・5/31・6/21・7/5
社会・理科・算数
9:30~17:20
B日程
5/24・6/14・6/28・7/19
国語
9:30~12:30

鴎友学園女子中の入試問題傾向

算数の問題傾向

2020年度から試験時間が50分から45分に変更。大問は7問、小問が12問~13問程度となっている。計算問題も含め、全て途中過程を書かせる形式となっている。1題ごとの配点が大きく、最後まで解答できなくても部分点を獲得することも大切である。
大問1は計算問題が2題で18点(2019年度と2020年度)。ここでの失点は合否を大きく分けることになるので、確実に得点したい。
大問2以降はテーマ別の出題。平面図形、速さ、割合、数の性質(規則性等)はほぼ毎年出題される。
平面図形は面積や角度を求める問題と相似を利用した問題が頻出。特に平行四辺形で比の合成を使用する問題は多くの年度で出題される。学校の説明会でも、「鷗友と言えば平行四辺形」と公言しているくらいである。平行四辺形の問題は典型的な問題で構わないので、反復練習をしておきたい。
速さは典型的な問題から、あまり見たことのないタイプのダイヤグラムまで難易度も幅広い。小問は2題もしくは3題のことが多く、いかに誘導にのれるかがポイントとなる。仮に最後まで解けなくても⑴は正解したい。⑵以降も仮に答えが出せなくても諦めずに取り組み、部分点を取りに行く姿勢が大切である。
割合は売買損益や比例式を使って解く問題が中心。前半の大問として出題されることが多いが、必ずしも取り組みやすいとは限らない。3分程度考えても分からなかったら、飛ばす勇気も必要である。
数の性質は規則性、約束記号、N進法など様々な問題が出題される。ただ他の単元より取り組みやすい問題が多いので、条件を読み落とさずに正解を目指したい。
その他、立体図形や水量変化、推理算なども出題されるが、普段学習している内容で対応できるはずである。
第1回(2/1)では受験者平均と合格者平均の差は10点程度のことが多いが、第2回(2/3)では20点程度になることがほとんどである。特に第2回は合格者平均が80点を超えることもある(2020年度は83.8点)ため、1つのミスが致命傷となる。日頃の努力が報われやすい問題が多いため、取りこぼさずに正解していく力を身につけていきたい。

国語の問題傾向

2020年度から試験時間が50分から45分に変更。大問3つで100点満点。
例年の傾向としては、大問1が文学的文章、大問2が説明的文章、大問3が漢字の書き取りという構成。
文章量は多く、2題あわせて1万字を超えた年もあったので時間をかけすぎることなく文章の内容を理解していく力が必要になる。
出題形式はすべて記述。設問条件として「~字以内」といった指定が与えられている記述もあれば、字数に制限がないものもある。
その場合、解答用紙の行数を踏まえ、複数の要素を盛り込むことを意識しながら記述していくことになる。
1問に時間をかけすぎると他の設問が解ききれなくなるので時間配分を身に付けることも重要になってくる。
文学的文章は文章量も多く、設問も多い。登場人物の心情に関連するものが大半。
オーソドックスな設問形式ではあるが、比喩的な表現を言い換えていくようなものもあり、全ての設問が解きやすいわけではない。
説明的文章は約3000字ほどなので物語文に比べれば短い。
ただし、身近ではないテーマが出題されることもあるので、筆者の主張を正確に把握するためにも「対比」「具体と抽象」等を念頭に置いて論旨をつかんでいくことが必要だろう。
漢字の書き取りは例年5題。四字熟語をすべて書かせる設問が出題されたケースもある。

鷗友学園コースの受講資格

G公開模試の四科の合計点で受講資格を認定いたします。外部生は下記記載の模試(合不合判定テスト、サピックスオープンなど)において基準となる四科偏差値を満たした経験があれば、受講資格を認定いたします。

模試 基準点 / 基準偏差値
ジーニアス
G公開模試
250
四谷大塚
合判・組分けテスト
50
日能研
全国公開模試
50
サピックス
SO・マンスリーテスト
45

※2019年9月以降の模試を対象とします。

PAGE TOP