農大一コース 志望校別特訓

農大一コースの日程、東京農業大学第一中の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの農大一コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。

農大一コースの時間割

ジーニアスの農大一コースは全8日間。A日程では算数の最初の演習を、B日程では国語の最初の演習を解き終えた上で、Zoom授業に参加となります。昼食休憩は12:30~13:15を予定しております。

日程 授業時間
A日程
5/17・5/31・6/21・7/5
算数・理科・社会
10:30~18:20
B日程
5/24・6/14・6/28・7/19
国語
10:30~13:30

東京農業大学第一中の入試問題傾向

算数の問題傾向

大問5題構成。問題数は約20問。1問5点の年が多いと思われる。40分しか時間がない。問題には一通り目を通して、素早く解けそうな問題から順次解いていく。
大問1は計算・一行問題が3問。易しくはないが、確実に正解しておきたい。
大問2、大問3はそれぞれ小問3個で構成される。各小問は独立した問題。
大問2では、数の性質や約束記号の出題が目立つ。
大問3は図形の問題が多く、オーソドックスな問題というよりは解いたことがないような難しい問題が多い。
基本的な力が必要なことはもちろん、それをもとに考えていく力が求められる。ここに時間をかけ過ぎないようにしたほうがよい。
大問4は小問7~8問で構成される。問題はオーソドックスなものが多く、標準レベルかやや易しめ。ここで6~7問正解しておきたい。
大問5は小問2~3問。そのうち1問はグラフを書かせる問題。水量変化や速さのグラフを正確に書けるように。難易度は標準レベル。
大問1が満点で大問4が7問正解だと50点。それプラス大問2、3で6問中3問正解、大問5で1問正解できれば70点となる。
大問4の正答率が合否を分けるポイントとなる。

国語の問題傾向

問題の構成については近年、2つの型がある。
1つめの型は大問1、2、3が知識問題(漢字、四字熟語、ことわざの構成が多い)で、大問4が論説文である。論説文(3000~5000字程度)は抽象的な内容で、対比構造で書かれている文章の頻度が高い。設問は選択や書き抜きが中心だが、傍線部の言い換えを正しく行う訓練や対比を踏まえた解答が求められる。
2つめの型は大問1が漢字の読み書きで、8問程度出題されることが多い。大問2が論説文や説明文(5000字程度)。対比構造で書かれている文章の頻度が高い。大問3が物語文(3000~4000字程度)で友情、家族愛、成長などが描かれている。第一回はどちらかの型が採用され、第三回は2つめの型であることが大半である。設問に関しては内容一致や文章の特徴を書かせる設問が用意されている。また、脱文補充の問題も多く出題されている。第二回の国語選択も行われるようになったが、第一回で合格するつもりで対策を積んでいきたい。

農大一コースの受講資格

G公開模試の四科の合計点で受講資格を認定いたします。外部生は下記記載の模試(合不合判定テスト、サピックスオープンなど)において基準となる四科偏差値を満たした経験があれば、受講資格を認定いたします。

模試 基準点 / 基準偏差値
ジーニアス
G公開模試
240
四谷大塚
合判・組分けテスト
50
日能研
全国公開模試
50
サピックス
SO・マンスリーテスト
45

※2019年9月以降の模試を対象とします。

PAGE TOP