明大中野コース 志望校別特訓

明大中野コースの日程、明治大学付属中野中の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの明大中野コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。

明大中野コースの時間割

ジーニアスの明大中野コースは全8日間。A日程では算数の最初の演習を、B日程では理科の最初の演習を解き終えた上で、Zoom授業に参加となります。昼食休憩は12:30~13:15を予定しております。

日程 授業時間
A日程
5/17・5/31・6/21・7/5
算数・国語
9:30~17:20
B日程
5/24・6/14・6/28・7/19
理科・社会
9:30~12:30

明治大学付属中野中の入試問題傾向

算数の問題傾向

明治大学の人気高騰や大学入試改革、定員の厳格化の流れを受けて、この1、2年で難易度が一挙に高くなった。
難易度の上昇は、算数の合格者平均点と受験者平均点の差に如実に表れており、直近3年の差は約20点と5、6年前より広がっている。
試験時間は50分で100点満点。大問1は4問程度の計算問題と小問、大問2は6問程度の小問集合、大問3以降はテーマ別の大問形式。大問1の計算問題の難易度は比較的高く小数と分数の混合問題が多い。逆計算は必ず出題。大問2の小問集合はオーソドックスな問題が多く基本的な問題をしっかり解き切る力が求められる。大問3以降では、平面図形の他、立体図形や水量変化からの出題も多いが幅広い範囲から出題されている。難化に伴い、近年はいままではあまり出題されていなかったタイプの問題の出題も増えてきた。
小問、大問に限らず平面図形は頻出。難易度が高いものや解法を知っている必要のある問題も出題されており、幅広く解法に触れておく必要がある。
問題数18問程度。直近2年の合格者平均点は75点以上となっており、14から15問以上は正答する必要がある。そのためには、大問1、2合わせて1ミス以内で折り返すことが最低限求められる。見直しも含めたタイムスケジュールを過去問を通じて身に付けることは必須。また、平面図形を中心に時折小問集合から難問が含まれていることもあり、そういった場合にしっかりと切っていける勇気も必要となる。

国語の問題傾向

試験時間50分100点満点
明大中野の問題で特徴的なのは、大問が4つあるうち長文読解が1つであり、残りはことわざ・漢字などの語句知識問題が出題されていることである。語句知識問題は40点ほどの配点となっており、合否を分ける大きなポイントと考えられる。

大問1は長文読解で、文章量は多い。三千字を越え、四千字近い文章が出題されたこともある。また、第一回入試では説明文・論説文が、第二回入試では物語文が出題されていることがここ数年の傾向である。小問は二十問前後出題されるが、接続詞の選択・指示語の内容・内容把握の選択問題・理由を問う問題など、見慣れたものがほとんどで難易度も高くはない。
大問2と大問3は知識問題。慣用句・ことわざなど言葉の意味・使い方を問うたり、熟語の構成を問うたりと、様々である。一つでも多くの語句を積み重ねていき、得点源にすることが肝要である。文法問題も出題されるが、品詞の用法などは長文問題の中で出題されることが多い。
大問4は漢字。十問あり、そのうち七問が書き取り、三問が読みとなっている。特別難しいのは見当たらないので、普段から漢字の勉強をきちんと行い、8割16点を確実に得点したい。

明大中野コースの受講資格

G公開模試の四科の合計点で受講資格を認定いたします。外部生は下記記載の模試(合不合判定テスト、サピックスオープンなど)において基準となる四科偏差値を満たした経験があれば、受講資格を認定いたします。

模試 基準点 / 基準偏差値
ジーニアス
G公開模試
240
四谷大塚
合判・組分けテスト
50
日能研
全国公開模試
50
サピックス
SO・マンスリーテスト
45

※2019年9月以降の模試を対象とします。

PAGE TOP