明大中野コース 志望校別特訓

2022年6月21日 更新
Ⅱ期の日程を公開しました。申し込みフォームは7月10日に公開します。
2022年3月8日 更新
Ⅰ期の申し込みフォームを公開しました。

明大中野コースの日程、明治大学付属中野中の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの明大中野コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。明大中野コースは、東中野校にて開講します。

明大中野コースの日程

9/4・9/25・10/23・11/13・1/8(2022Ⅱ期)

13:20~17:20
東中野校
算数

10/2・10/30・11/27・12/18・1/22(2022Ⅱ期)

08:50~12:50
東中野校
理社
13:20~17:20
東中野校
国語

志望校別特訓Ⅰ期(2022年度)

A日程
算数・国語
8:50~17:20
5/1・5/22・6/19・6/26
B日程
理社
8:50~12:50
4/24・5/15・6/5・7/17
実施校舎
東中野校
Zoomを選択可能)

明治大学付属中野中の入試情報

明中(第1回)の合格点と倍率

合格点 実質倍率
2022
69.3%
208点/300点
3.3倍
270人/890人
2021
60.7%
182点/300点
3.4倍
261人/881人
2020
66.0%
198点/300点
3.4倍
257人/868人
2019
66.7%
200点/300点
3.8倍
265人/995人
2018
60.7%
182点/300点
2.9倍
269人/778人

明中(第1回)の受験者平均点

算数
100点
国語
100点
理科
50点
社会
50点
四科
300点
2022
52.9
70.0
30.0
31.4
184.3
2021
41.5
66.0
22.5
33.4
163.4
2020
53.8
60.8
31.6
29.1
175.3
2019
56.7
59.6
29.5
29.4
175.1
2018
45.8
61.8
28.5
30.1
166.1

明中(第1回)の合格者平均点

算数
100点
国語
100点
理科
50点
社会
50点
四科
300点
2022
73.8
76.9
37.0
37.0
224.7
2021
61.6
75.1
28.4
38.5
203.7
2020
75.3
68.2
38.4
34.7
216.6
2019
76.3
68.2
36.8
36.1
217.4
2018
64.9
69.9
35.6
34.6
205.1

明中(第2回)の合格点と倍率

合格点 実質倍率
2022
59.7%
179点/300点
5.2倍
118人/610人
2021
71.7%
215点/300点
6.0倍
111人/669人
2020
65.7%
197点/300点
4.8倍
128人/615人
2019
67.0%
201点/300点
6.6倍
108人/710人
2018
61.0%
183点/300点
5.5倍
109人/601人

明中(第2回)の受験者平均点

算数
100点
国語
100点
理科
50点
社会
50点
四科
300点
2022
44.9
55.1
26.2
27.1
153.3
2021
59.6
58.4
26.8
36.7
181.5
2020
61.3
53.3
30.0
26.9
171.6
2019
53.1
51.8
31.0
31.1
167.1
2018
52.4
55.2
18.6
27.8
154.0

明中(第2回)の合格者平均点

算数
100点
国語
100点
理科
50点
社会
50点
四科
300点
2022
61.6
66.0
32.3
32.9
192.8
2021
80.7
67.7
36.9
42.8
228.1
2020
81.8
61.8
36.2
32.8
212.6
2019
74.7
65.3
38.4
38.2
216.5
2018
71.0
66.2
26.8
34.6
198.6

明治大学付属中野中の入試問題傾向

明治大学付属中野中の算数

算数で決まる明中

算数の受験者平均と合格者平均の差と他の3教科の受験者平均と合格者平均の差の合計がほぼ同程度になることが多く、算数で大きく失点すると他教科での挽回が難しい回が多い。難度の高い問題の出題もあるが、そこでは大きく差がついていないと考えられ、見直しを含めた時間配分の設定と丁寧に解答していくことが求められる。

ミスなく回りたい大問1大問2

計算2問と小問1問構成の大問1と小問集合の大問2。ここだけで40点以上の配点があると思われ、ここを1ミス、多くとも2ミス程度で進む必要がある。典型問題の出題が多く、標準的なテキストのやりこみが重要になる。このゾーンに難度の高い問題が出題される回もあり、適切に取捨選択できる力も必要とされる。

題意を取りにくいタイプの問題の増加

完全に初見となるようなタイプの問題は少ないが、題意を取りにくいように工夫された形での出題が近年増えている。暗記的な学習のみでは対応しにくいことも多く、問題文を読み解く力や知っている形に引き直す力が必要とされる。普段の学習から「なぜその作業を行うのか」を意識しながら学習していくことが重要となる。

頻出の「速さの応用」と「水量変化」

グラフの有無を問わずほぼ出題されると考えておくべき単元。水量変化などは1つの回に2問以上出題されることも少なくない。難度が高い問題の場合、⑴だけは解きやすく設定されていることが多く、⑵以降に進むべきかの判断も含め、過去問で感覚をつかんでおくことは重要となる。

明治大学付属中野中の国語

文章読解は大問1つ

文学的文章と説明的文章のどちらか一方が出題される。文章レベルは標準的なものだが本文はやや長く、4000字を超える文章も出題されたこともある。設問数も20題程度と多いので、問題形式に慣れておくことは必須だろう。適切な時間配分と処理スピードが合格点を取るカギとなる。

基本的な読解力が試される

読解問題の各設問は、接続詞の選択・指示語の内容・内容把握の選択問題・理由を問う問題など見慣れたものがほとんどであり、一つひとつの難易度も決して高くはない。また、記述問題で求められる記述量は比較的少なく、解答に求められる要素さえ本文中に見つけられればある程度の解答が作れるはずである。

合否を分ける語句知識

大問2と大問3は知識問題で構成されている。慣用句・ことわざなど定番の語句問題もあれば、多くの受験生には馴染みのない季語が出題された年度もある。大問1の中にも語句知識問題は組み込まれているので、文章読解以外でどれだけ得点を伸ばせるかが合否を分けるポイントだ。

漢字の出題は10問

漢字の書き取りが7題、読み取りが3題の計10題で構成されるのが大問4だ。特別難しい問題はほぼ見当たらないので、普段から漢字学習を高いレベルで継続し、8割以上の正答率を確保したい。国語が苦手な受験生であっても、前述の知識問題と併せて大問4の漢字を得点源にしたい。

明大中野コースの受講資格

G公開模試の合計点で受講資格を認定いたします。G公開模試 第2回は8/24に実施いたします。

ジーニアス
G公開模試
240

外部生は、Ⅰ期(1学期)を受講の場合は2021年12月以降、Ⅱ期(2学期以降)を受講の場合は2022年6月以降の各模試の偏差値でも認定いたします。

Ⅰ期 Ⅱ期
四谷大塚
合判・組分け
50
52
日能研
全国公開模試
50
52
サピックス
SO・マンスリー・組分け
45
47

Ⅰ期から継続してⅡ期を受講する場合、2022年4月以降の各模試でⅠ期の基準を満たせば受講できます。Ⅱ期から受講する場合と基準が異なります。

申し込み

申し込みフォーム

問い合わせ先

glabo@genius-genius.com
氏名、電話番号、住所、小学校名、塾名を明記してください。

関連ページ

PAGE TOP