駒場東邦コース 志望校別特訓

駒場東邦コースの日程、駒場東邦中の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの駒場東邦コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。

駒場東邦コースについて、Ⅰ期は満席となりました。

駒場東邦コースの時間割

ジーニアスの駒場東邦コースは全8日間。A日程では国語の最初の演習を、B日程では社会の最初の演習を解き終えた上で、Zoom授業に参加となります。昼食休憩は12:30~13:15を予定しております。

日程 授業時間
A日程
5/17・5/31・6/21・7/5
国語・算数
9:30~17:20
B日程
5/24・6/14・6/28・7/19
社会・理科
9:30~12:30

駒場東邦中の入試問題傾向

算数の問題傾向

大問4題、60分、120点満点が基本構成。大問1は小問集合の出題が続いている。大問2~大問4は独立した大問が並ぶ。
小問にすると15問程度なので、やや手際のよさも求められる試験といえる。

小問集合では、計算問題が1題出題されることもしばしばあるが、かなり煩雑で難易度は高め。根気のよさが求められる。
その他、よく聞かれるテーマとしては、「時計算」「平面図形と比」「数の性質」「立体図形」が挙げられる。
特に時計算はひと手間加わった問題が多く、手こずりやすい。

大問2~大問4は小問3問構成になっていることが多い。
はじめて見る問題がほとんどであるが、「ホップ、ステップ、ジャンプ」という形で、前の小問がその後の小問の布石になっていることが多い。
その布石を感じることが重要となる。
多く出題されるテーマは、①図形の回転移動、②立体切断、③場合の数、④数の性質、規則性。
全体を通して図形問題が多いのは大きな特徴で、普段から研鑽を積むことが重要。
作図問題も多く出題されている。コンパス、定規を用いた正確な作図を普段から習慣化させておきたい。
また、図形の回転移動に加え、場合の数や規則性がしばしば出題されることからも、全体を通して「作業力」が求められていることがわかる。

解答用紙に「答えの出し方」を書くスペースがある問題が何問か出題される。
解答までは至らなくとも、線分図、樹形図、日本語での説明等、方針が正しいことが記述されていれば部分点を与えられる。
理由説明など、論理的な記述力も問われることがあるので、普段から足あとを自分の言葉で説明する練習をしておきたい。

国語の問題傾向

大問1つ(文学的文章)で60分120点満点。知識を問う設問、記号選択、書き抜き、記述などが出題される。
文章量は長く、約1万字程度。男子校ではあるが女性が主人公の割合がやや高いか。
また、時代設定は必ずしも現代ではなく戦時中や戦後が舞台となっている作品もあるので、どのような状況や環境でどんな人物が出てきたのか、どのような価値観なのかをおさえて読み進めていくことが必要になる。
知識については、漢字の書き取りと語句の意味を問うものが出されやすい。
漢字の書き取りは15問(年によっては20問)で、標準的な問題が多いものの「おさまる(収まる/納まる/治まる/修まる)」等の出題からうかがえるように意味まで覚えておかないと正解が導き出せないものもある。
読解については登場人物の心情に関するものが大半。記号選択や記述等でそれらを問うてくる。
心情に関する設問を考える手がかりとしては「出来事(きっかけ)」→「心情(気持ち)」→「行動(反応)」の枠組みを念頭に置くようにしたい。
多くの設問はその枠組みのどこかに傍線部が引かれるので、傍線部の位置と設問の要求を土台に、何を考えればよいのか(記述の場合はどのような要素を盛り込めば良いのか)という着想を得られるかが鍵となる。
また、記号選択では「悩ましいもの」が存在するケースがある。こういったものは、前述したような手がかりをもとに考えるだけでなく、選択肢のチェック方法や手順についても知っておくことが重要となる。
つまり、どのような「ひっかけ方」があるのかを意識した上で選択肢の処理をしていくことが正答率を高めていくために必要なものといえる。

駒場東邦コースの受講資格

G公開模試の四科の合計点で受講資格を認定いたします。外部生は下記記載の模試(合不合判定テスト、サピックスオープンなど)において基準となる四科偏差値を満たした経験があれば、受講資格を認定いたします。

模試 基準点 / 基準偏差値
ジーニアス
G公開模試
320
四谷大塚
合判・組分けテスト
60
日能研
全国公開模試
60
サピックス
SO・マンスリーテスト
55

※2019年9月以降の模試を対象とします。

PAGE TOP