慶應中等部コース 志望校別特訓

慶應中等部コースの日程、慶應中等部の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの慶應中等部コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。

慶應中等部コースの時間割

ジーニアスの慶應中等部コースは全8日間。A日程では理科の最初の演習を、B日程では算数の最初の演習を解き終えた上で、Zoom授業に参加となります。昼食休憩は12:30~13:15を予定しております。

日程 授業時間
A日程
5/17・5/31・6/21・7/5
理科・社会
10:30~13:30
B日程
5/24・6/14・6/28・7/19
算数・国語
10:30~18:20

慶應中等部の入試問題傾向

算数の問題傾向

【1】~【3】はそれぞれ4問ずつの小問集合、【4】~【7】は小問2問構成の大問が4題。計20問100点満点なので、各5点と考えられる。
制限時間は45分で、スピード面も重要になる。全問答えのみを解答する形式だが、解答用紙に桁数の指定があることが特徴的。
ヒントにもなる形式であるが、桁数が合わなかったときにパニックに陥る危険性もある。冷静に対処できる訓練を積んでおきたい。
また、分数を解答する場合、分子→分母の順に解答しなければならないため、形式に慣れておく必要がある。
【1】には計算問題が2題程度出題される。時々知識が必要なものも出題されるが、一般的な計算問題が多い。
【2】までは文章題、数量関係、【3】に図形問題が4問ならぶ。一般的なテキストの基本~やや応用程度の問題が多いが、時折、難問が出題されることもある。平易な問題が多いからこそ【3】まで満点をキープしなければと思いがちだが、どう手を付ければいいか分からない問題は割り切って後回しにするべき。
【4】~【7】はまず⑴を取っていきたい。各大問の⑵は残り時間次第で取捨選択をしていく。場合の数はかなりの難問も出題される割合が多く、正答率が極めて低いと思われる問題もある。時間をかけた割には正解できないことも多いので、深入りしすぎないことが重要。
【1】~【3】で12問中10問、【4】~【7】のそれぞれ⑴で4問正解すると70点。例年の男子ボーダーはこのあたりか。女子や算数が得意な男子は【4】~【7】の⑵のうち、1~2問程度を取って80点以上を狙いたい。逆に算数が不得意な生徒でも、60点はキープしておかなければ他教科で挽回するのは極めて難しい。

国語の問題傾向

試験時間45分、100点満点。
大問5題。大問1,2は文章読解、大問3は短文の文章読解または知識の問題(年によって違う)、大問4は知識、大問5は漢字の構成となっている。
文章読解については、説明的文章(随筆文の筆者の主張をメインに取り扱ったものも含む)と文学的文章(随筆文の筆者の経験をメインに取り扱ったもの)に分かれる。出題の順番は、年度によって違う。小問の数も年度ごとにばらつきはあるが、大問ごとに7題前後が多い。小問は記号問題が大半を占めており、記述問題は20字前後の記述で、全体で1題のみとなっている。
漢字については難しい語彙の漢字が出題されているので、普段から組み合わせによって読み方が変わってくる漢字に注目して学んでおきたい。
知識についてはことわざや四字熟語、慣用句のほかに敬語や詩・俳句、手紙の書き方など幅広いものが問われている。
試験時間は45分と短いので、知識漢字は、時間をかけずに解き、文章題でも根拠となる部分を早く見つけておきたい。そのためには、文章を読みながら、大事だと思う部分に線を引いておくと、探す時間が短縮出来るだろう。そのためにも日頃から線を引きながら読み進めていくということを意識して問題に取り組むと良い。

慶應中等部コースの受講資格

G公開模試の四科の合計点で受講資格を認定いたします。外部生は下記記載の模試(合不合判定テスト、サピックスオープンなど)において基準となる四科偏差値を満たした経験があれば、受講資格を認定いたします。

模試 基準点 / 基準偏差値
ジーニアス
G公開模試
男子280 女子330
四谷大塚
合判・組分けテスト
男子55 女子60
日能研
全国公開模試
男子55 女子60
サピックス
SO・マンスリーテスト
男子50 女子55

※2019年9月以降の模試を対象とします。

PAGE TOP