慶應普通部コース 志望校別特訓

慶應普通部コースの日程、慶應普通部の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの慶應普通部コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。

慶應普通部コースの時間割

ジーニアスの慶應普通部コースは全8日間。A日程では理科の最初の演習を、B日程では算数の最初の演習を解き終えた上で、Zoom授業に参加となります。昼食休憩は12:30~13:15を予定しております。

日程 授業時間
A日程
5/17・5/31・6/21・7/5
理科・社会
9:30~12:30
B日程
5/24・6/14・6/28・7/19
算数・国語
9:30~17:20

慶應普通部の入試問題傾向

算数の問題傾向

大問9題前後、全13問前後、100点満点。全13問前後を40分という限られた時間でこなさなくてはならない。正確さを維持しつつも素早く問題を処理していくことが求められる。
問題用紙の大問と大問の間のスペースはそんなに設けられているわけではないので、解答用紙に設けられているスペースに解くことに慣れておくこと、また採点者に自分が何をしたいのかを伝えることのできる答案の表現方法について学習する必要がある。

「数に関する問題・図形・場合の数・速さ・比と割合」等が満遍なく出題される。
一見すると非常に平易な問題に見えるものでも、いざ解き始めてみると『すぐに解答が出る』問題は少なく、また『同じような難易度に見える問題』でも、実際には大幅に難易度が異なる問題が多いので、問題を見極める力が重要になる。
日頃から、解法だけに留まらず、「どの問題から解くのか、どの問題に時間をかけるのか」を素早く見極める練習や、入試本番での実践的なタイムマネジメントを設定して過去問を取り組んでおく必要がある。

算数が不得意な生徒は5割、得意な生徒は7割以上を目指したい。

国語の問題傾向

試験時間40分、100点満点。
物語文1題、説明文1題、漢字の書き取り10問がスタンダードな構成。文章の長さによっては、短い説明文や詩の読み取りなどが1題追加で出題されることもある。
また、過去には漢字の書き取りではなく、同音異義語や同訓異字を踏まえたパズル的な漢字の知識問題が出題されたこともある。
本文の文章量は合計8000字程度で、物語文では受験生と同年代を主人公としたものが頻出。説明文も、難しい論説文ではなく比較的読みやすいものが多い。
設問は共に10問前後。選択問題と抜き出し問題が中心だが、20字~50字程度の記述問題も数問含まれる。
記述問題は、色々な要素を盛り込んで詳しく説明するというよりも、要点を端的にまとめることが求められる。
選択問題は5択が多い。一つ一つの選択肢が1行から2行と長いものではない分、慎重に根拠を見つけることが必要。語彙や文法といった知識が問われることもある。
また、抜き出し問題は傍線部から離れたところに答えがあったり、紛らわしいものもあったりするので比較的差がつきやすい。
漢字の知識は、いずれも小学生で習う漢字が中心で難易度も標準的。国語が不得手な受験生でもなるべく取り切りたいところである。
まずは漢字や語彙といった知識、次に早く正確に読むことを大切にしてもらいたい。そこから文章全体を俯瞰する読み取りを身につけられると普通部の国語対策は万全だろう。

慶應普通部コースの受講資格

G公開模試の四科の合計点で受講資格を認定いたします。外部生は下記記載の模試(合不合判定テスト、サピックスオープンなど)において基準となる四科偏差値を満たした経験があれば、受講資格を認定いたします。

模試 基準点 / 基準偏差値
ジーニアス
G公開模試
320
四谷大塚
合判・組分けテスト
60
日能研
全国公開模試
60
サピックス
SO・マンスリーテスト
55

※2019年9月以降の模試を対象とします。

PAGE TOP