海城コース 志望校別特訓

海城コースの日程、海城中の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの海城コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。

海城コースの時間割

ジーニアスの海城コースは全8日間。A日程では算数の最初の演習を、B日程では社会の最初の演習を解き終えた上で、Zoom授業に参加となります。昼食休憩は12:30~13:15を予定しております。

日程 授業時間
A日程
5/17・5/31・6/21・7/5
算数・国語
10:30~18:20
B日程
5/24・6/14・6/28・7/19
社会・理科
10:30~13:30

海城中の入試問題傾向

算数の問題傾向

50分120点満点大問1~6小問題数は年度により17問~24問くらいの幅がある。配点は、問題数の少ない年度で1問6点~8点、多い年度で1問5点~7点。解答用紙は問題冊子と別になっており、答えのみを書く形式。部分点はない。
速く正確な計算力と処理能力が求められると同時に、あとで確認するために問題冊子に足跡をきれいに残しながら解くことが必要。大問は左側に配置され、右のページは計算スペースになっている。
大問が6つあるので、ひとつの大問につき10分はつかえない。小問題も1問につき3分かけられないことになる。はじめから順番に解くのではなく、得意な問題から解いていくこと。
大問1は計算から始まる小問集合で、だいたい5問の出題。基本ではなくひねった問題が多い。分数の答えは帯分数にして答えるよう指示がされている。仮分数でとめるのではなく、日頃から帯分数表示を心掛けておく。
大問2以降の頻出分野は、場合の数、速さ、比で答える平面図形、立体の切断、水量変化とグラフなど。
定規・コンパスの持ち込みが可能なこともあり、作図の問題が出題されることもある。グラフの問題は、点・平面図形の移動とグラフ、水量変化とグラフ、速さとグラフとして出題される。読み取りと作図に慣れておく必要がある。

国語の問題傾向

試験時間50分で120点満点。例年大問2題構成。小問数は20問強で字数制限のついた記述問題が大問ごとに出題される。

漢字の問題は毎回5問。いずれも海城受験生にとっては平易な問題であるので、ここでの失点はしないようにしたい。
大問1では物語文が出題される。問題文の冒頭に前書きがあることが多い。前書きがある場合は文章の流れをつかむうえで重要な情報になるので、必ず目を通しておくべきである。また、テーマは「恋愛」「劣等感」「複雑な家庭環境」が頻出。どのテーマも受験生にはなじみの薄いものではあるので、問題演習を通じて該当テーマにはきちんと当たっておきたい。
大問2では説明文が出題される。テーマは「人文科学」「社会科学」が主に出題されている。語彙のレベルが高く抽象度の高い文章なので、当テーマの問題演習を積むだけでなく日頃から語彙を身につける訓練をしておくことが望ましい。

試験時間に比して問題数が多いので過去問を使用する中で時間配分を意識して解く訓練をすべきである。
記述問題については~字以上~字以内という制限がやや厳しい記述問題が出題される。また、近年は100字前後の記述問題の出題が目立っている。
書き直しなどに多くの時間を割かないためにも、一つの要素におよそ20~25文字程度を使うことを意識して、書くべき内容をまとめてから記述をするようにすべきである。

また、記述問題・選択肢問題ともに傍線部ではなく、設問の中に問われている内容が明示されている問題があるので、落ち着いて条件をチェックするようにしたい。

海城コースの受講資格

G公開模試の四科の合計点で受講資格を認定いたします。外部生は下記記載の模試(合不合判定テスト、サピックスオープンなど)において基準となる四科偏差値を満たした経験があれば、受講資格を認定いたします。

模試 基準点 / 基準偏差値
ジーニアス
G公開模試
310
四谷大塚
合判・組分けテスト
57
日能研
全国公開模試
57
サピックス
SO・マンスリーテスト
52

※2019年9月以降の模試を対象とします。

PAGE TOP