浅野コース 志望校別特訓

浅野コースの日程、浅野中の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの浅野コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。

浅野コースの時間割

ジーニアスの浅野コースは全8日間。A日程では社会の最初の演習を、B日程では算数の最初の演習を解き終えた上で、Zoom授業に参加となります。昼食休憩は12:30~13:15を予定しております。

日程 授業時間
A日程
5/17・5/31・6/21・7/5
社会・理科
15:20~18:20
B日程
5/24・6/14・6/28・7/19
算数・国語
10:30~18:20

浅野中の入試問題傾向

算数の問題傾向

試験時間は50分、120点満点。例年大問6つ構成だったものが、2020年度入試において大問5つに変わった。大問1の計算問題と大問2の小問集合が1つの大問にまとめられ、後半の大問4つについては「考え方と計算」を書く欄が無くなった替わりに小問数が増えた。なお、大問1に文章記述で解答する問題が1問追加されているが直ちに合否に影響するほどではないので特別な対策は不要。
前半の小問集合に1、2問含まれている難易度の高いものは、即座に解法が浮かばない場合には飛ばす勇気も必要。逆に後半の大問では⑴⑵だけならば平易なものも多い。出題ミスがあり全員正解の問題が出たとはいえ、合格者得点率が84.8%にもなった2020年度入試を見るに、スピードの必要性は尚更強くなったと言える。
後半の大問については特殊な条件や複雑な設定が与えられその場で考えさせる問題が目立つ。しかし、与えられた条件を理解し、式や図に表していくことができれば比較的簡単に答えが導けるものもあるので、読みながら手を動かすことをまずは意識したい。また⑴⑵の答えから規則性を導き出し⑶の解法へと誘導する問題が毎年必ず含まれており、その形式で出題しやすい「場合の数」は浅野算数の常連であるため対策は不可欠。作図が必要な図形問題も頻出であり、やはり手を動かしながら考える癖を身につけたい。
合格者の平均得点率は6~8割強とかなり幅があり、どの程度とるべきかは当日問題を見るまで判断できない。易しい問題を確実に正解することに加え、出題者の意図を読み取りうまく誘導に乗ることができるかが合否の分かれ目となる。

国語の問題傾向

試験時間50分、120点満点。漢字1題、物語文1題、説明文1題という構成。漢字は、書き取りが8問、読み取りが2問の形で出題される。難度は高い。漢字の問題だけでなく物語文や説明文の読解でも語彙力は求められる。物語文・説明文では、それぞれ6000字前後の比較的長い文章が出題される。物語文では主人公の立場に共感しづらい設定であったり、同世代の主人公の場合でもやや古い年代の話であったりするものが多く出題される。説明文では、テーマ自体に馴染みのないもの、よくあるテーマだが内容の理解にやや苦労するような文章などが頻出。設問数は物語文・説明文ともに9問前後で、選択問題が多く配されている。理由を問う問題や傍線部自体の意味を問う問題などがあり、一つの選択肢の文章が長めのものもあるため吟味して選ぶ必要がある。記述問題は各大問に例年2問程度含まれており指定された文字数の中に、問われている内容を要約して記述させる問題も多く出題されている。なお、近年の入試では100字以上の自由記述の出題は見られない。

浅野コースの受講資格

G公開模試の四科の合計点で受講資格を認定いたします。外部生は下記記載の模試(合不合判定テスト、サピックスオープンなど)において基準となる四科偏差値を満たした経験があれば、受講資格を認定いたします。

模試 基準点 / 基準偏差値
ジーニアス
G公開模試
280
四谷大塚
合判・組分けテスト
55
日能研
全国公開模試
55
サピックス
SO・マンスリーテスト
50

※2019年9月以降の模試を対象とします。

PAGE TOP