浅野コース 志望校別特訓

2022年6月21日 更新
Ⅱ期の日程を公開しました。申し込みフォームは7月10日に公開します。
2022年3月8日 更新
Ⅰ期の申し込みフォームを公開しました。

浅野コースの日程、浅野中の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの浅野コースを受講するために必要な偏差値についても記載しています。浅野コースは、川崎校にて開講します。

浅野コースの日程

9/4・9/25・10/23・11/13・1/8(2022Ⅱ期)

14:20~18:20
川崎校
国語
(国語のみ選択可)

10/2・10/30・11/27・12/18・1/22(2022Ⅱ期)

09:50~14:15
川崎校
算数
(算数のみ選択可)
14:20~18:20
川崎校
理社
(理社のみ選択可)

志望校別特訓Ⅰ期(2022年度)

A日程
算数・理社
8:50~17:20
5/1・5/22・6/19・6/26
B日程
国語
8:50~12:50
4/24・5/15・6/5・7/17
実施校舎
川崎校
Zoomを選択可能)

浅野中の入試情報

浅野中の合格点と倍率

合格点 実質倍率
2022
62.0%
248点/400点
2.5倍
594人/1474人
2021
60.5%
242点/400点
2.5倍
602人/1534人
2020
57.5%
230点/400点
2.5倍
636人/1573人
2019
65.3%
261点/400点
2.5倍
620人/1573人
2018
65.5%
262点/400点
2.4倍
619人/1509人

浅野中の受験者平均点

算数
120点
国語
120点
理科
80点
社会
80点
四科
400点
2022
65.2%
54.3%
52.5%
64.6%
59.3%
2021
60.6%
58.0%
56.4%
56.4%
58.1%
2020
52.9%
49.7%
59.7%
60.9%
54.9%
2019
70.1%
63.4%
57.9%
52.5%
62.1%
2018
63.2%
59.6%
68.1%
60.6%
62.6%

浅野中の合格者平均点

算数
120点
国語
120点
理科
80点
社会
80点
四科
400点
2022
76.8%
61.3%
61.2%
71.0%
67.9%
2021
71.2%
66.1%
64.2%
63.7%
66.7%
2020
64.2%
57.2%
68.4%
68.1%
63.7%
2019
84.8%
70.5%
67.4%
58.6%
71.8%
2018
76.9%
65.9%
76.0%
68.4%
71.7%

浅野中の入試問題傾向

浅野中の算数

効率的な解き方が求められるように

2020年度入試から大問5つ構成になった。大問1の計算問題と大問2の小問集合が1つの大問にまとめられ、後半の大問4つについては「考え方と計算」を書く欄が一切無くなった替わりに小問数が増えた。大問1に文章記述で解答する問題が1問追加されているが、長い答えを書く必要はなく、簡潔に解答する練習が必要。

問題の取捨選択が鍵

大問1の小問集合に1、2問難易度の高いものが含まれていることがあるが、即座に解法が浮かばない場合には飛ばす勇気も必要。逆に後半の大問では⑴⑵だけならばかなり平易なものも多い。合格者得点率が8割を超えることもあるため、易しい問題を確実に正解することは必須となる。

丁寧な作図や立式を日頃から意識

後半の大問については特殊な条件や複雑な設定が与えられ、その場で考えさせる問題が目立つ。しかし、与えられた条件を理解し、式や図に表していくことができれば比較的簡単に答えが導けるものもあるので、読みながら手を動かすことをまずは意識したい。

手を動かして作問者の意図を読み解く

⑴⑵の答えから規則性を導き出し⑶の解法へと誘導するような問題が毎年必ず含まれており、その形式で出題しやすい「場合の数」「規則性」は浅野算数の常連であるため対策は不可欠。作図が必要な図形問題も頻出であり、やはり手を動かしながら考える癖を身につけたい。

浅野中の国語

出題形式は標準的

大問一が漢字の読み書き、大問二が文学的文章の読解、大問三が説明的文章の読解という形式に変化はない。大問二・大問三は、記号選択を中心とした客観問題と1~2問の記述問題で構成されており、ごく標準的な出題形式である。

難度の高い知識問題

難度の高い漢字問題が多い。他校ではあまり出題されない語彙レベルまで対策を徹底するのは時間対効果が低く、標準的なレベルにまで語彙力を高めておけば差をつけられることはない。読解問題中では、慣用表現に関する問題がよく出題されている。

長く、読みづらい文章

大問ごとに、6000字前後の比較的長い文章が出題される。時代設定が古いなど、主人公に共感しづらい文章がよく使用されている。説明的文章では、テーマ自体馴染みのないものや、頻出テーマだが内容が抽象的で理解に苦労する文章が頻出している。

鍵になるのは根拠を求めて解く姿勢

選択問題では、本文中に根拠を求めてから、長い選択肢の細部を吟味して選ぶ必要がある。記述問題では、傍線部の理由や要旨に関する問題がよく出題されているので、文章の要点や心情変化のきっかけとなった出来事を把握し、解答の土台となる部分を見出す姿勢を身につける訓練が必要である。

浅野コースの受講資格

G公開模試の合計点で受講資格を認定いたします。G公開模試 第2回は8/24に実施いたします。

ジーニアス
G公開模試
310

外部生は、2021年12月以降の各模試の偏差値でも認定いたします。

Ⅰ期 Ⅱ期
四谷大塚
合判・組分け
58
60
日能研
全国公開模試
58
60
サピックス
SO・マンスリー・組分け
53
55

Ⅰ期から継続してⅡ期を受講する場合、2022年4月以降の各模試でⅠ期の基準を満たせば受講できます。Ⅱ期から受講する場合と基準が異なります。

申し込み

申し込みフォーム

志望校別特訓Ⅱ期(2022)の申し込みフォームは7月に公開いたします。

問い合わせ先

glabo@genius-genius.com
氏名、電話番号、住所、小学校名、塾名を明記してください。

関連ページ

PAGE TOP