青山学院対策講座 志望校別特訓

青山学院対策講座の日程、青山学院中等部の入試傾向を紹介しています。ジーニアスの青山学院対策講座を受講するために必要な偏差値についても記載しています。

青山学院対策講座の日程

国語と算数の対策講座を、全4回実施いたします。

志望校別特訓Ⅱ期(2021年度)

日程
国語・算数
14:20~18:20
10/10・11/7・11/28・1/16
実施校舎
曙橋校
Zoomを選択可能)

志望校別特訓Ⅰ期(2021年度)

日程
国語・算数
14:20~18:20
4/25・5/9・6/27・7/18
実施校舎
曙橋校
Zoomを選択可能)

青山学院中等部の入試情報

青学(女子)の合格点と倍率

合格点 実質倍率
2021
63.7%
191点/300点
6.1倍
90人/546人
2020
66.7%
200点/300点
5.4倍
90人/489人
2019
67.3%
202点/300点
5.4倍
100人/536人
2018
55.7%
167点/300点
4.7倍
99人/467人
2017
65.0%
195点/300点
5.1倍
87人/444人

青学(女子)の受験者平均点

算数
100点
国語
100点
理科
50点
社会
50点
四科
300点
非公開

青学(女子)の合格者平均点

算数
100点
国語
100点
理科
50点
社会
50点
四科
300点
非公開

青学(男子)の合格点と倍率

合格点 実質倍率
2021
54.0%
162点/300点
3.0倍
118人/353人
2020
59.3%
178点/300点
3.3倍
119人/396人
2019
60.7%
182点/300点
3.3倍
128人/423人
2018
47.3%
142点/300点
3.1倍
116人/361人
2017
57.3%
172点/300点
2.8倍
114人/320人

青学(男子)の受験者平均点

算数
100点
国語
100点
理科
50点
社会
50点
四科
300点
非公開

青学(男子)の合格者平均点

算数
100点
国語
100点
理科
50点
社会
50点
四科
300点
非公開

青山学院中等部の入試問題傾向

青山学院中等部の算数

試験時間は50分で100点満点。問題数は大問で13~14問程度で、総解答数は16~18問程度である。図形の折り返しの角度の問題は頻出であり、速さ、平均、表を利用した集合に関する問題、割合、水量変化に関する問題も多い。解答は答えのみを記入する形式。
男女によって合格最低点は異なり、男子であれば6割5分、女子であれば7割以上の得点は確保したい。問題による難度の差が小さいことも特徴であり、算数が得意だと満点近くとることも可能な試験である。簡単な問題から順に並んでいるというわけではないので、後回しにすべき問題や、手がかかる問題を見極めて、時間配分の仕方を練習する必要がある。典型問題が多いので、瞬時に解法が浮かんでくるかどうか、正確に計算出来るかどうかが合否を分けるだろう。

青山学院中等部の国語

試験時間は50分で100点満点。大問数が5つ程度、総解答数は40か所程度と非常に多いことが最大の特徴。漢字、詩の大問に加え、物語文、説明文から合計3つの長文が出される。じっくり読んで考える余裕はなく、さっと読んである程度把握したらさっと解くということを繰り返さなければならない。限られた時間の中で複数の大問を解いていく器用さを身につける必要がある。
詩の対策も欠かせない。独立した大問であり、小問数も多いので対策次第で差がつく。
記述問題が出題されるようになったが、割合は低い。記号選択や抜き出しで内容把握を問う問題が多い。
また、解答用紙が横書きであるので、形式に慣れておく必要もある。スピードを身につけるのが最優先であり、短時間で多くの問題を処理する経験を重ねることが合格の近道だろう。

青山学院対策講座の受講資格

G公開模試の合計点で受講資格を認定いたします。

ジーニアス
G公開模試
男子 240 女子 273

内部生は、G模試の合計点でも認定いたします。

ジーニアス
6年G模試 第1回
男子 285 女子 335
6年第2回以降の基準点については、お問い合わせください。

外部生は、各模試の偏差値でも認定いたします。

四谷大塚
合判・組分け
男子 52 女子 58
日能研
全国公開模試
男子 52 女子 58
サピックス
SO・マンスリー・組分け
男子 45 女子 53
2021年4月以降の模試を対象とします。

申し込み

志望校別特訓Ⅱ期(2021年度)

問い合わせ先

glabo@genius-genius.com
氏名、電話番号、住所、小学校名、塾名を明記してください。
PAGE TOP